失敗なし!未経験の職種への転職方法

未経験の職種への転職について

未経験の職種に転職を希望される方には、いくつかの制約があることが非常に多いです。まず一番最初にあげられるのが年齢です。基本的に、未経験の職種への転職は20代が理想と言えるでしょう。30代の未経験職種への転職は非常にハードルが高くなると思われます。未経験の職種でも、採用に少しでも有利にする方法としては、資格を持っていることなどが上げられます。例えば、私は営業職に従事しながら経理職への転職活動を行ったことがあるのですが、私の場合は経理は未経験でも日商簿記検定などの資格保有していたため、少し有利に働きました。経理以外の職種でも、少しでも条件が有利に働くために、独学で取得可能な資格はできるだけ取るようにすることをお勧めします。情報やシステム関連であれば、情報技術者、保険の営業であればファイナンシャルプランナーなどの資格があれば選考が有利に働くのは間違いありません。

未経験の職種については、経験者と同時比較で面接をした際に、見劣りするのは間違いないのですが、面接の際には、自分と仕事がしたいと思わせるような面接をするようにしましょう。私は仕事において一番大事なのはコミニュケーション能力だと思っています。普段の何気ない会話や付き合いから仕事が円滑に進むのは間違いないです。面接官との会話の中で、少しでも自分のコミニュケーション能力をアピールするように心がけましょう。また、会話も大事ですが、何故未経験のその職種をやりたいのか、そしてその中で何故その企業なのか、そして将来どうなりたいのかは、より具体的に、明確に面接官へ話すようにしましょう。更に加えて、これまでの職歴で学んだことや得たスキルをどのように未経験の職種に活かせるかを語ると尚、評価は上がると思います。私の場合は、営業職に従事しながら経理職への転職を希望した際のメリットして、営業で学んだ数字の管理の強さと、社内外含めてのコミニュケーション能力をアピールしました。


Copyright(c) 2016 失敗なし!未経験の職種への転職方法 All Rights Reserved.